結婚指輪は絆を示すアクセサリー|耐久性の高いリングを選ぼう

薬指に光る二人の愛の証

カップル

古代ローマが起源

夫婦となった二人の愛の証として、左手薬指につけるペアリングが結婚指輪です。結婚指輪には歴史があり、古代ローマ時代にローマ教皇が鉄の輪を結婚の誓いに用いたことが由来という説があります。結婚指輪の輪は、永遠に途切れることのない愛を象徴するとされていて、愛を誓った二人が肌身離さず結婚指輪を身につけることで、互いの存在を近くに感じることを意図して作られています。また結婚指輪は左手の薬指につけるものですが、これはギリシャ神話にルーツがあります。古代ギリシャでは、人の感情を司る器官として心臓を重んじていましたが、左手は心臓につながる血管があると信じられていたため、結婚指輪をつける大切な指としても選ばれたのです。

指輪選びのポイント

そんな神聖な結婚指輪ですが、指輪を選ぶときにはいくつか心がけたいポイントがあります。まず結婚指輪は日常生活の中でつけ続けるものであるため、生活の支障にならないものがベストです。お皿洗いなどの際に毎回指輪を外すことは指輪の紛失にもつながるため、大ぶりな宝石をあしらった指輪などは注意する必要があります。またアフターサービスがきちんと整っている店舗で買うことも重要です。結婚指輪は毎日つけ続けるものです。普段の生活の中で傷ついてしまうこともあるため、長期的な視点での指輪選びが必要です。最後に指にジャストサイズだと、指がむくんでしまった時などに取れなくなりストレスになるという声もあります。装着感は好みによりますが、複数店舗を回り試着をして選ぶことが肝心です。