結婚指輪は絆を示すアクセサリー|耐久性の高いリングを選ぼう

多様化しているリング

指輪

金やプラチナも人気

結婚指輪は毎日つけるものであることを考えると、デザインはシンプルな方が無難です。しかし人とは違うデザインの指輪をしたいと考える人も増えています。宝石こそダイヤモンドが普通ですが、指輪の素材には変化があり、最近は金やプラチナなどを使用するケースが増えています。金やプラチナはメッキをするため、長年使用するとメッキが取れてしまう性質があります。しかし最近の技術向上や、メッキ修復などを利用することにより、長年使用することもできるようになってきています。女性であれば、結婚指輪以外に自分の好きなリングを重複してつけることもあります。その時に結婚指輪のデザインがシンプルであれば、他の指輪との調和が図れるメリットがあります。そのため日常生活を考えて、リング選びをするのがベストです。

刻印には時間がかかる

デザインはシンプルが一番ですが、二人だけの証ということで刻印をする場合もあります。お互いの名前を入れたり結婚記念日を刻印したり、刻印内容は様々です。しかしリングへの刻印は、意外と時間がかかるものです。昔は婚約してから結婚するまである程度の時間を確保するのが普通でしたが、最近では婚約から入籍まで短いことが特徴であり、特に子供ができてしまった場合などは特に短くなっています。そのため結婚指輪の刻印が挙式に間に合わないケースもあります。挙式では指輪交換を行う儀式があるため、挙式を行うことを考えているのであれば、結婚指輪の刻印は余裕をもって早めに注文することが大事です。二人だけの一生の記念になるリングですので、後悔しないように準備することが大事です。